学習の森 中ノ沢渓谷森林公園 by Naoeiの学習帳




トップページ 施設紹介&近況報告 観察ルート&地質 樹木種と四季の姿 新しい取組 公園周囲の樹木
 

施設紹介

 中ノ沢渓谷森林公園の施設と公園エリア紹介。
 施設の1つは、公園を管理する中ノ沢渓谷森林公園グリーンハウスと森の中に点在するバンガロー、トイレ施設。
 施設の2つ目は、森林科学館と「お山の森の木の学校」です。
 それぞれのホームページをご紹介しましょう。アクセスしてみてください。  グリーンハウスと森林科学館の写真紹介しますね R02.12.23up グリーンハウスと森林科学館
グリーンハウスと森林科学館 背景の山は笠菅山 R02.12.19撮影
 中ノ沢渓谷森林公園の散策マップのPDFをご紹介します。  森林科学館とグリーンハウスの裏から満開のサクラと施設 ソメイヨシノ咲く中ノ沢渓谷森林公園
早朝5時28分 春 柔らかな陽光 ソメイヨシノ満開 森林科学館&グリーンハウス 2020.04.25撮影 
 

近況報告

 今年になって感動した写真などをupしていきますね。
 写真は、一番新しいものを上に掲載していきます。その前のものは順番にpdfでupします。

ー新掲載ー63 令和3年 寒露過ぎての報告です R03.10.17up
 サルナシの実をいただいた R03.10月14日.pdf
 山里の恵みは葉の影に美しく生り、嬉しい収穫です。 R03.10.17記録

ー掲載ー62 令和3年 秋分過ぎての報告です R03.09.30up
 草刈りでスズメバチに遭遇 R03.09月20日.pdf
 草刈りをして森林公園を美しく、でもそこにはスズメバチがいた。 R03.09.30記録

ー掲載ー61 令和3年 白露の報告です R03.09.07up
 タラノキの花 大きく綺麗 R03.09月05日.pdf
 秋を彩る、大きくタラノキの花、コシアブラの花。 R03.09.07記録

ー掲載ー60 令和3年 処暑の報告です R03.08.23up
 コシアブラの花 捜索 R03.08月23日.pdf
 頭上高く目を凝らしコシアブラの花を捜します。 R03.08.21記録

ー掲載ー59 令和3年 立秋の報告です R03.08.18up
 前回新掲載59upした内容を今回新しい写真を入れてpdfでup。
 クサギの花「美」特集です R03.08月18日.pdf
 中ノ沢への道はクサギロード、森林公園はクサギ「美花」満開 R03.08.15記録

ー掲載ー58 令和3年 大暑の報告です R03.07.21up
 大暑に咲く花と実 R03.07月21日.pdf
 梅雨が明け、もう明日は大暑、撮り貯めた写真報告します R03.07.21記録
(サルナシ(花と実)、オニグルミ(実)、タケニグサ(花)、エゴ(実)、イヌエンジュ(花芽)、ネムノキ(花)、マタタビ(花と虫こぶ)、クサギ(花と実)、ネジバナ(花)、シナノキ(花と実)、ナツツバキ(花))
 
ー掲載ー57 令和3年 短夜の報告です R03.07.06up
 短夜の報告です R03.07月06日.pdf
 夏、短夜から小暑にかけて撮り貯めた樹木花&実写真 R03.07.06記録
(ヤチダモ、キハダ、タカノツメ、ハクウンボク、ガマズミ、ヤマボウシ、ヤマグワ
オニグルミ、サルナシ、シナノキ、ナツツバキ、イワガラミ、キブシ、イヌエンジュ
マタタビ、オオバボダイジュ)

ー掲載ー56 令和3年 夏至の報告の2です R03.06.23up
 小学生が整備した森を中心に R03.06月23日.pdf
 春から夏にかけて撮り貯めた写真報告します R03.06.22記録
(ウリハダカエデ、イヌエンジュ、ハルニレ、ヤマボウシ、ミズキ、タニウツギ、ミツバアケビ、クリ、ヒメウツギ、ノリウツギ)

ー掲載ー55 令和3年 もうすぐ夏至の季節となりました R03.06.15up
 濃緑色カツラ広場&熊小屋沢 R03.06月15日.pdf
 これから、暑く梅雨の季 節を迎えます R03.06.15記録

 令和3年6月03日(木)令和3年 夏が来た。
 5月は5月23日(日)、5月30日(日)の両日開催自然観察会準備であわただしく1ヶ月が終わりました。
 気が付いたらもう6月、夏となりました。そういうことで5月の中ノ沢渓谷森林公園の報告です。

ー掲載ー54 令和3年 芒種の季節となりました R03.06.03up
 カエデの葉・花特集 R03.06月03日.pdf
 5月の樹木花 カエデの特集 R03.06.03記録
(ヒトツバカエデ、イタヤカエデ、ウリハダカエデ、ヤマモミジ、コハウチワカエデ、ハウチワカエデ)

 令和3年4月11日(日)令和3年 春が来た。
 森の小径入口残雪、でも展望台は春の陽射しを浴びて別世界のようです。
ー掲載ー53 令和3年 春が来た R03.04.13up 令和3年 春が来た
森の小径と展望台の春 イワウチワ開花&イワナシ開花 R03.04.11撮影

 令和3年4月06日(火)清明 すべてのものが生き生きとして清らかに見える
 4月になりました。残雪はありますがもうすっかり春の装い。
ー掲載ー52 清明の花 開花 R03.04.08up
 清明の花 開花 R03.04月06日.pdf
 森の小径入口から展望台崖と頂上 R03.04.06撮影
 開花(ショウジョウバカマ、タムシバ、マンサク、イワウチワ)

 令和3年3月30日(火)積雪下樹木観察1ヶ月のまとめ。
 3月は積雪下カンジキ歩行で菱ケ岳登山道入口から岩村展望台下のなだらかな緩傾斜面の樹木観察。
ー掲載ー51 樹木学習 雪上の広葉樹林 R03.04.05up
 樹木学習 雪上の広葉樹林 R03.03月.pdf
啓蟄 春分 清明の岩村展望台下樹木学習 R03.03.16から30観察

 令和3年2月28日(日)今年一番の晴天。
 岩村展望台から対岸の展望台へ沢山の写真が撮れました。
ー掲載ー50 透き通る空 R03.03.03up
 透き通る空 R03.02.28撮影.pdf
雨水から啓蟄 晴天の岩村展望台から対岸展望台へ R03.02.28撮影

 令和3年2月21日(日)曇り空でしたが春の兆しを見れないかと思い中ノ沢渓谷森林公園へ向かいました。
 沢山の写真が撮れました。PDFでまとめました。ご覧ください。
ー掲載ー49 春の兆し R03.02.24up
 春の兆し R03.02.21撮影.pdf
雨水 森林公園と岩村展望台春の兆し R03.02.21撮影

 令和3年2月13日(土)は冬の新潟には珍しく前後日共に晴れ間がでました。この機会をのがすことはできません。学習の森にとって、冬ならではの貴重な勉強の機会です。
 カンジキ歩きを楽しみ、針葉樹の緑葉の色を楽しむ。
ー掲載ー48ー1 葉の美しさ学習ver01 R03.02.19up
 針葉樹 緑葉の美しさ学習 R03.02.13撮影.pdf
立春 中ノ沢渓谷森林公園の樹木葉の美 R03.02.13撮影
 (コメツガ、トドマツ、ドイツトウヒ、サワラ、ヒノキ、ヒノキアスナロ)

ー掲載ー48ー2 樹木と風景の美ver02 R03.02.19up
 樹木と風景の美 R03.02.13撮影.pdf
立春 中ノ沢渓谷森林公園の樹木と風景の美 R03.02.13撮影

 令和3年1月最終日、整備したカンジキと軽い携帯用スコップをもってグリーンハウス前から管理用道路沿いに冬の中ノ沢渓谷森林公園を訪れました。
 スマホの山旅ロガーを起動して位置情報がわかるようにしました。
 雪質、かんじき歩行に最適、あまりもぐることもなく、軽快でした。積雪は体感1.5m以上でしょうか?
 コナラ大木の林内に、雪を纏う樹木の美しさ、春に向けての準備を見つけながら歩きました。
 辺り雪の白一色の中で、二葉松アカマツの葉と時折点在するスギ葉の緑が嬉しい美しさ、広葉樹のコナラ、ヤマモミジ、コハウチワカエデ、ハウチワカエデ、アオハダ、コシアブラなどの冬芽観察しながら歩きました。
 歩きやすかったので大曲の竈のある炊事場から右に折れて春にイワカガミ咲く流紋岩溶岩の痩せ尾根の突端(ここから真っすぐな急崖となって三階滝沢へ落ち込む)までの短い距離を歩きました。
 印象に残ったのは、このルートでは枝先の特徴からかなりアオハダの樹が点在しています。痩せ尾根の取っ付きにはスギ大木があり、そこから尾根伝いに歩きます、突端手前で左樹間越しに岩村展望台、その直ぐ右には三階滝沢の流れが見えます。
 帰宅後、山旅ロガーはカシミール3Dに記録して、撮った写真を編集しました。まだ遠い春を待つ冬の森林公園の樹木の準備を観察することができました。
ー掲載ー47 山旅ロガーの歩行履歴をカシミール3Dに記録、そこに位置の説明を加えました。雪を纏った白黒の写真世界は1枚にまとめて編集しました。ご覧ください。
  47-1 山旅ロガー歩行記録の1 R03.02.05up
 山旅ロガー記録 R03.01.31撮影.pdf
カンジキ歩行記録 R03.01.31記録
  47-2 冬、雪を纏った白黒世界編集 R03.02.05up
 冬の樹木と展望 R03.01.31撮影.pdf
冬の森林公園 樹木と樹間からの展望 R03.01.31撮影

 令和3年。世情は昨年から引き続いて新型コロナ対応一色です。世情を離れて、雪の中の森林公園をご紹介しますね。
 雪国の1月は毎日が曇りと雪、そんな中、一日だけの晴れ間を見せた1月15日(金)今年2回目の森林公園訪問です。森の小径入口に車を置いて、前回の反省からスコップを杖代わりに持ちカンジキは着雪しないようにメンテナンスを入念にして、天杉三郎を目指しました。
ー掲載ー46 撮影する位置角度の違いで天杉三郎は様々な樹木の姿形を見せます。本来なら公園周囲の樹木に掲載すべきかとも思いますが、先ずは近況報告でお見せします。 R03.01.17up
  46-1 天杉三郎の1 R03.01.17up 天杉三郎の1
天杉三郎の1 R03.01.15撮影
  46-2 天杉三郎の2 R03.01.17up 天杉三郎の2
天杉三郎の2 R03.01.15撮影
  46-3 天杉三郎の3 R03.01.17up 天杉三郎の3
天杉三郎の3 R03.01.15撮影

ー掲載ー45 ツルアジサイの落枯花、付近はカモシカの足跡がいっぱい。 雪の上にツルアジサイの落枯花
雪の上にツルアジサイの落枯花 R03.01.15撮影
ー掲載ー44 スギ伐採で空いた雪原の向こうには、与平の頭が見えました。R03.01.17up 与平の頭を見る
スギ伐採地空間から与平の頭を見る R03.01.15撮影
ー掲載ー43 天杉一郎の写真です。 天杉一郎
展望台入口の天杉一郎 R03.01.15撮影
ー掲載ー42 カンジキは、最初から長靴に装着しておきました。R03.01.17up 整備したカンジキ
サラダ油塗布整備したカンジキ R03.01.15撮影

 1月3日、今年は昨年の状況とは全く違って、雪一色銀色の世界です。
 除雪のショベルカーに先導いただいて、グリーンハウス前に車を置き、ミズバショウの湿原を目指しました。
 最初は、ストックとカンジキで挑戦、とても無理でした。今度はストックをスコップに持ち替えてカンジキで挑戦しましたが、胸丈もある雪をスコップで払いながら脚のあがる限り踏み込み続けました。
 状況は新雪に遊ばれたという状況で、ギブアップしました。
ー掲載ー41 雪の写真を撮りたいと展望台入口の天杉一郎の写真を撮りました。
 左端のキハダは雪害で頭部が折れ痛々しく、真ん中は二本寄り添うウワミズザクラ、右端の一郎杉は風雪に耐えていました。 R03.01.17up 展望台入口斜面
吹雪く展望台入口斜面の樹木と天杉一郎 R03.01.03撮影

ー掲載ー40 森林科学館をバックに雪の中の樹木 R03.01.17up 森林科学館前の樹木コナラ
森林科学館前のコナラ・ナシ・ヤドリギの緑 R03.01.03撮影
 
 令和2年最後のup、冬の展望台の状況を紹介します。森の小径入口から入った展望台から新年に向けて芽生えご紹介。
ー掲載ー39 展望台の芽生えその2 R02.11.26up
 展望台のシャクナゲ蕾 2020.11.22撮影.pdf
展望台のシャクナゲ蕾 R02.11.22撮影

ー掲載ー38 展望台の芽生えその1 R02.11.26up
 展望台のタムシバ冬芽 2020.11.22撮影.pdf
展望台のタムシバ冬芽 R02.11.22撮影
 
 令和2年10月31日(土)に実施された秋の自然観察会の記録を残しておきます。
 当日はブナ友の会様、過去のお山の森の木の学校企画に参加された方、そして裏五頭の天然杉に集う会の皆様にご案内して、天候も良く素敵な観察会が出来たと思います。
 その一部をご紹介しますね。岩村展望台からの裏五頭panoramaです。計画書に添付した、もし天気でしたらこんな眺望を見ることが出来ますよと編集したものです。当日もとても素敵な眺望を見ることができました。

ー掲載ー37 グリーンハウス前森林公園の樹木観察から菱ヶ岳登山道入口を通って岩村展望台へ、270度のパノラマ眺望は圧巻でした。R02.11.02up 岩村展望台のpanorama
岩村展望台へのルートと展望台の270度の眺望 02.10.18撮影

 5月20日にupした新掲載写真12〜19の写真は、掲載11にPDF版にまとめて撮影位置とその他の新葉の写真をupしています。
 さて、「春・夏・秋・冬の季節」の繰り返しの中で、私達は時折自然を求めて公園を訪れます。その時々その場で出会いがあります。その瞬間を切撮って、たった今自然が見せてくれていることに感動し、どのように表現したらいいだろうかと言葉を捜します。連想する言葉、その言葉に込めている思いを心の中で反芻します。
 美しさ(一瞬の輝き、ひとこと「美」、虫鳥を呼込む甘さ・香り)、喜び(結、生まれ、育ち、成長、収穫・味わい)、哀しみ(紅葉、感傷、もの悲しさ)、芽(籠って、蓄へ、膨らみ、厳冬の中で耐えて春を待つ)など、自然はこれら万感の思いを抱かせてくれます。
 そう思ってみた時、一つ一つの樹木種の実が生るのを追いかけてみたくなりました。例えば、29ミズナラのどんぐりは6月6日の撮影、新掲載31は7月17日の撮影、次に会う時はどんなに大きくなるか楽しみです。
 筆者はこの学習の森の森林公園を、この樹何の樹?と問いかけて歩きます。木の名前とともにどんな花が咲くの、どんな葉、どんな実がなるの、どんな肌しているのと問いかけました。
 そして、自分の勉強も兼ねて樹名板(少し詳細に説明した)を取付けました。そんなことなどご紹介しますね。
 先週森林公園内をスマホ片手にGPSへの取組経過と試し歩きのの報告をしました。最初の取組、7月26日お山の森の木の学校の山田弘二さんご案内で最初の取組巨木の森を歩き、8月1日グリーンハウス前森林で試し調査、8月8日ジオグラフイカ&山旅ロガーを同時起動して要所を撮影。結果、期待した通りの成果を得ることができました。
 さて、GPSの勉強会は一先ず置いて、森林公園の今を中心に報告します。
 
36の1 森の小径歩きました、折角勉強したカシミール3Dでルートをお示ししますね。クサギの花がとても綺麗でした。 R02.08.17up 
 森の小径軌跡 2020.08.15撮影.pdf
 カシミール3D 森の小径軌跡状況 02.08.15記録
36の1の2 森の小径のクサギの花 R02.08.17up 
 森の小径のクサギの花 2020.08.15撮影.pdf
 森の小径のクサギの花 02.08.15撮影
36の2 立秋の森の小径ご案内 R02.08.17up 
 立秋の森の小径ご案内 R02.08.15撮影.pdf
帰りはアブの攻撃を受けて、早々に戻りました。今の時期それなりの防御策が必要でした。
 GPSトラック軌跡についての報告、勉強した結果を残しておきます。

35の1 ジオグラフイカ&山旅ロガー軌跡状況 R02.08.10up
 ジオグラフイカ&山旅ロガー軌跡状況 2020.08.08撮影.pdf
 ジオグラフイカ&山旅ロガー軌跡状況です 02.08.08記録
 もう一つは、カシミール3Dに軌跡と写真を取り込みました。写真管理と合わせて今後軌跡ルート管理楽しくなりそうです。写真もGoogleフォトからダウンロード、一部panorama合成して再アップすることができました。
35の2 幾つかの写真、カシミール3Dを中心にして、貼り付けてみました。
 カシミール3Dを中心に軌跡と写真 2020.08.08撮影.pdf
 これから、森林公園歩き、山歩きも楽しさが倍増しそうです。

34の3 菱ヶ岳登山道入口の樹木に樹名板取付 R02.07.20up
 菱ヶ岳登山道入口樹木に樹名板取付 R02.07.17撮影.pdf
 少し詳しく、菱ヶ岳登山道入口の樹木に取付けた樹名板です 02.07.17撮影
34の2 取付けた樹名板「クリ」の例 R02.07.20up
 取付けた樹名板「クリ」の例 R02.07.17撮影.pdf
 取付けた樹名板ってどんな?ここは学習の森です、少し細かい説明を記載しています 02.07.17撮影
34 菱ヶ岳登山道入口左右の樹木に樹名板取付 R02.07.20up
 菱ヶ岳登山入口左右樹木に樹名板取付 R02.07.17撮影.pdf
 菱ヶ岳登山入口左右の樹木に、お山の森の木の学校の明石代表から確認いただき樹名板取付ました、ご覧下さい 02.07.17撮影

33 稚幼樹の森の夏 panorama R02.07.20up
 稚幼樹の森の夏 panorama R02.07.17撮影.pdf
 お山の森の木の学校の明石代表と山田副代表のご指導とご協力を頂き、草刈灌木伐採しました、綺麗に涼し気になった稚幼樹の森です 02.07.17撮影
32 アズキナシの緑実 R02.07.20up
 アズキナシの緑実 R02.07.17撮影.pdf
 アズキナシ実 20小満の候 花の華麗さと違って目立たない 02.07.17撮影
31 ミズナラのどんぐり 少し大きく R02.07.20up
 ミズナラのどんぐり 少し大きく R02.07.17撮影.pdf
 ミズナラのどんぐり 少しづつ大きくなってきた 02.07.17撮影
30 ノリウツギ満開 R02.06.30up
 ノリウツギ満開 R02.06.28撮影.pdf
 別名「サビタの花」伊藤久男さんの素敵な歌聞いてください 撮影 02.06.28
29 ミズナラのまだ小さなどんぐりが R02.06.14up
 ミズナラのまだ小さなどんぐりが 2020.06.06撮影.pdf
 ミズナラのどんぐり まだ卵状楕円形の形を成していない 撮影 02.06.06
28 オニグルミ 実が大きくなってきた R02.06.14up
 オニグルミの実 大きくなってきた 2020.06.06撮影.pdf
 やっと果実らしくなってきた 花言葉 あなたに夢中 撮影 02.06.06
27 エゴノキ 開花 R02.06.14up
 エゴノキ 開花 2020.06.06撮影.pdf
 今年伸びた短い側枝先に白花を垂れ下げる 花言葉 壮大 撮影 02.06.06
26 有毒植物 ヤマウルシ 見た目は黄金色綺麗 R02.06.14up
 ヤマウルシの花 円錐花序 2020.06.06撮影.pdf
 黄緑色の花多数 何故か金色に輝く 花言葉 権威 触れないで など 撮影 02.06.06
25 白雲漂ふ ハクウンボク R02.06.01up
 白雲漂ふ ハクウンボクの花 2020.05.30撮影.pdf
 白花の花序を白雲に見立てて白雲木 花言葉 愛の旅人 壮大 撮影 02.05.30
24 満開のハクウンボク R02.06.01up
 陽光差込むハクウンボクの花 2020.05.30撮影.pdf
 陽光差込むハクウンボクの花 英名Japanese snowbell 撮影 02.05.30
23 森林科学館横のサワフタギ R02.05.28up
 森林科学館横のサワフタギ 2020.05.24撮影.pdf
 秋、実が瑠璃色(赤味の青、群青とも)になってとても綺麗。撮影 02.05.24
22 森林科学館横のケナシヤブデマリ R02.05.28up
 ヤブデマリの花美 2020.05.24撮影.pdf
 枝先に散房花序、花序中心部両性花、その周りに白装飾花 綺麗 撮影 02.95.24
21 森林科学館横のヒメコウゾの雄花雌花 R02.05.28up
 ヒメコウゾ雄花雌花 2020.05.24撮影.pdf
 6月頃赤く熟す、美味しくはないとのことです 撮影 02.05.24
20 小満の候 中ノ沢渓谷森林公園報告 R02.05.28up
 小満の候 樹木開花&結実 2020.05.24撮影.pdf
 樹木は開花し、そしてあっという間に結実 花の命は短く
11 森林公園に春が来た R02.05.20up
 森林公園に春が来た 2020.05.17撮影.pdf
 掲載12〜19の樹木写真と撮影位置を表示しています。
10 胡桃沢のミヤマカタバミ R02.04.28up
 胡桃沢のミヤマカタバミ 2020.04.25撮影.pdf
09 展望台の風景 タムシバ競う春 R02.04.28up
 展望台の風景 タムシバ競う春 2020.04.25撮影.pdf
08 展望台入口のコハウチワカエデ展葉 開花 R02.04.28up
 展望台入口のコハウチワカエデ展葉 開花 2020.04.25撮影.pdf
07 展望台の樹木花 タムシバ 美しいそしてしなやか R02.04.20up
 展望台の樹木花 タムシバ 美2020.04.17撮影.pdf
06 胡桃沢のカタクリ群落の美に感動 R02.04.18up
 胡桃沢のカタクリ群落の美に感動 2020.04.17撮影.pdf
05 胡桃沢のカタクリ R02.04.18up
 胡桃沢のカタクリ 2020.04.17撮影.pdf
04 林内の獲物です マツ科ツガ属とトウヒ属のマツカサ R02.04.14up
 マツ科 ツガ属 トウヒ属のマツカサ比較 2020.04.04撮影.pdf
03 ヒノキ科の葉裏気孔 針葉樹の隠れた美しさ R02.04.14up
 ヒノキ科 ヒノキ サワラ ヒバの葉裏気孔比較 2020.04.11撮影.pdf
02 この美しさって何だろう 流紋岩塊に咲くイワウチワ R02.04.04up
 流紋岩塊に咲くイワウチワ 2020.04.04撮影.pdf
01 湿原にミズバショウ開花 純白の仏炎苞  R02.03.31up
 春が来たと思ったら雪が降った 2020.03.29撮影.pdf

Copyright © 2019 学習の森 中ノ沢渓谷森林公園 by NAOEIの学習帳 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座