学習の森 中ノ沢渓谷森林公園 by Naoeiの学習帳




トップページ 施設紹介&近況報告 公園観察ルート 樹木種と四季の姿 新しい取組 公園周囲の樹木
 

学習の森実践!菱ヶ岳登山道入口向かいに稚幼樹木名前付け「お山の森の木の学校指導」

 観察樹に樹名板を取付けて、春夏秋冬の姿「冬芽・展葉・開花・結実・紅葉」などを勉強します。
 樹名板の取付位置を拡大しました。           
その5 新しい紹介です。小学生が草刈体験学習した森に樹名板を取付けました。
その5の1 この場所は、説明用に位置図をお示ししますね。小学生の森と名付けました。           
小学生の森位置図
小学生が草刈してからかなり日数が経ちました、でもその中でとても気になる樹を見つけました、ハルニレです。その説明は、樹名板の内容を見ていただくとわかるのですが、葉が開かない前に花が咲きます。来春が既に待ち遠しいのです。            
小学生が草刈したところに生育している樹木「ハルニレ」樹名板 R02.08.05up           
ハルニレ樹名板 
 ハルニレの樹名板に樹木写真入れ込み 樹木撮影R02.07.17 葉撮影R02.08.01                     
全体で16本の樹木に樹名板を取付ました 取付けた樹名板の一覧表です R02.08.05up
16種の樹木に樹名板を取付ました
 ここも新しい観察の場としてこれから四季折々に訪れることとします。            
          
その4の1 この場所は、ちょうどその3で説明した稚幼樹の森の管理用道路をはさんで真向いにあたります。           
 稚幼樹の森の樹木はまだ花が咲いたり実をつけたりの観察はもう少し先になりますが、この樹木はもう既に成熟した樹木です。ですから、成長するとこんなになるんだということが良くわかります。
菱ヶ岳登山道入口樹名板取付け撮影R02.07.17 R02.07.21up           
菱ヶ岳登山道入口 樹名板取付け

その3 菱ヶ岳登山道入口前森林公園の稚幼樹に樹名板を取付ました。樹木が大きくなると見上げるばかりで、花がどんな形をしているのか、どんな葉なのかを真近から見ることができません。幸いここにはまだ背の高さ程の稚幼樹と低木がありました。そこで観察するために簡単な特徴をあらわした樹名板を取付ました。これから折りに触れて観察できることを楽しみにしています。取付は令和2年6月6日と12日で行いました。その後の観察でラミネートに浸潤が見られ改善が必要なこともわかりました。
その3の3 樹木名板取付 参考例 ウワミズザクラ R02.06.15up 樹木標 ウワミズザクラ
 ウワミズザクラ樹木標  撮影 02.06.06
全体で27本の樹木に樹名板を取付ました 取付けた樹名板の一覧表です R02.06.15up
27種の樹木に樹名板を取付ました
 森林公園稚幼樹の観察の参考にします。また、観察によって得られた知見をもとに説明内容変更していきます。
その3の2 観察樹の展葉が始まりました・・ R02.05.20up
その3の2 観察樹の春の展葉が始まりました
 菱ヶ岳登山道入口前の森林公園について、勉強の始まりです。
その2 観察樹に樹名板を取付けて・・その2 R02.05.11up
 4月下旬から5月初旬にかけて、森林公園は冬の様相から一変します。標高差100mにならないような起伏の中で麓のグリーンハウス前から菱ヶ岳登山道入口までの斜面を春の目覚めが駆け上がって行きます。その樹木の美しさをご紹介しますね!
その2 グリーンハウスから此処まで、径の両側の樹木
 この取組の最初に「思い」についてお話ししました。それをその1で記録として残します。
その1 この取組の思いについて R02.04.29up
その1 この取組の思いについて



Copyright © 2019 学習の森 中ノ沢渓谷森林公園 by NAOEIの学習帳 All rights reserved.
Copyright © 2019 学習の森 中ノ沢渓谷森林公園 by NAOEIの学習帳 All rights reserved.